プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

はじめまして、札幌のススキノで自家製燻製と創作和食のお店をやらせて頂いております。
私は、若輩者ながら日本料理をベースに修行をつんで、洋食も経験をしてきました。
満足ではなく、感動を目指しております。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月25日 (月)

本日のおすすめ

         本日のおすすめ

・猿払産 特大天然貝ホタテ(刺身・焼き〆・燻製バター醤油のステーキ)

・釧路産 真たち(自家製生絞りポン酢・土佐醤油炙り・天婦羅)

・釧路産 真たちの特製燻製土佐醤油漬けの炙り

・厚岸産 特大殻つき生牡蠣(黒土佐酢ジュレ掛け)

・昆布森の牡蠣燻製土佐醤油漬け炙り

・積丹沖 鮟鱇の肝 冷燻

・熱々鶏つくねと魚介のトマト鍋と〆のチーズリゾット

・燻製合鴨とクリームチーズの生春巻き ~黒糖焼酎と黒酢のソースで~

・クリームチーズの味噌漬け

・自家製ビーフジャーキー

・ホカホカずわいがにの豆腐入りシューマイ ~自家製生絞りポン酢で~

・人気すぎて再来 十勝牛の牛とろ丼

・おずのたまごかけごはん ~燻製土佐醤油で~


※温かメニューが少なめですが、お通しから温か料理でカバーします。rock

中でも燻製醤油漬けの真たち炙り&かき炙りが大人気!

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。心よりお待ちしております。

第二弾  家庭でカンタン燻製講座 ~夜のおつまみ編~

お疲れ様でしたーー。karaoke

緊張でぎこちない講座を聞いてくれたweep生徒の皆様、
色々助けてくれた道新文化センター担当高島さん、
講座の仕込みを遅い時間まで手伝ってくれたこだっち、
日曜日なのに家庭の時間を作らないことを怒らず協力してくれた妻と子供達、
そして緊張しながらも前回の課題点を改善できた僕。rock自己採点70点

でだしの挨拶や燻製のお話は緊張しますが(一応つかみは大事と考えており)、厨房に立ってしまえばこっちのもんです。catface

そして、改めて最後にみんなでお酒と共に燻製を食べている顔を見るのが本

当に幸せです。しかも今回は二人もお酒のおかわりが(笑)

おかわりしてない他の皆様に申し訳ありませんが、嬉しくてサービスしてし

まいました。

おずに以前に来店がある方も今回来ていただいたり、
生徒さん達から、『各自の燻製失敗談するのに二期生で同窓会もやりたいね』なんて言われたんでかなり舞い上がりました。頭はどっかいってましたupshine
是非やりたいですね。


片付けも終わらせ。
久しぶりに、飲むぞーbeerと思っていたら、不完全燃焼のまま寝てしま

い、『勢いの長井』で終わりましたconfident


前回よりも、余裕は持てましたが、また新たな課題も見つかり、第三弾の2

月21日は、最高の講座(パフォーマンス?)ができればと考えております。

第三弾の予約の皆様、そして三月からの受付開始の第四弾を(4月18日)ご予約される皆様
       
      少しだけ、ご期待下さい。punch


これで少しは燻製が広まったかなぁrun

2010年1月 6日 (水)

明けましておめでとうございます。今年のテーマ

昨年は僕にとって運命の一年となりました。
そして、今年もまた沢山の人に出会って、色々助けてもらい何とか無事
年を越せました。

昨年の反省は、販促と営業態勢のバランスがうまくいってなかったことです。(そもそも時間が足りてなかったのですが・・・)

今年は、僕自身もっと仕込みも早く来て、もっと手間隙かけたお料理を提供できるように、そして少しでも早く提供できる段取りを組んで、
そして、少しでも疲れた顔を見せないように、休むときは休み、より安定したサービスを心がけます。

今年も何よりも「愛情」。。
料理がいくら好きでも、人間が嫌いだと愛情のある美味しい料理は作れんと思います。
(愛情を伝えるにはそれなりの余裕もつくらないとできないのですが)。


そして、おずのお客様には、本当に驚かされます。
だって、普通飲食店に年賀状返さないでしょ?

僕も居酒屋さんから来ても返さないと思います。

何枚ものお客様からの年賀状を見て

なんで?なんで?返してくれんの?と

嬉しくてたまりません。

『おず愛』despair

お店でも高いお金頂いてるのに、帰るときには

『マスターありがとう』って

『おず愛』despair


おずの愛が伝わってるのかと思うと、今までやってきたことの不安が

無くなり、時間はかかったが改めて、お客様をしっかり愛せてるんだな

あっていう自信が持てました。

そして、今年のテーマは、


bellお客様満足、それ以上の感動』happy02

スタッフたちには、僕のマニュアル化のない臨機応変サービスに、今でも戸惑いはあると思いますが、お客様の満足、それ以上の感動を与える為には、お客様の想像の範囲外の一人一人の気持ちが必要で。

忙しい時ほど、(お金を頂かないこそ)お水やお茶をお出したい灰皿を交換したい空いた器をお下げしたいアイス等をサービスしたいっって思えないと、人は感動させれないと思います。
いくら裏に洗い物が残ってるからといって、今いるお客様に感動していただくのがおずの第一ピリオドだと
次のお客様に出来るだけ支障がないように、全力で punch

まともな経営者だったら、こんな回転率の悪い、自己満足?なやり方とらないと言いますが、

しかしお客様に満足を得ているんだったら、自己満足じゃないと思います。

たぶん、ホテル勤務時に学んだ、『裏方と思われている料理人だからこそお客様に感動を与えることが出来るサービス精神』が今も活きてるんだと思います。

しかし、お店全体、スタッフ全体でこの

『お客様満足。それ以上の感動』

というのに、スタッフ一人一人の喜びを感じていかないと無理でしょう。
(きっと、後から結果はついてきて、僕が成果をスタッフに形にしてあげれば良し。)


恋人や自分のお母さん、お父さんに考えるような、『してあげたい』というサービス。。


そして、僕ではなく、アルバイトの娘、裏に入ることの多い料理人だからこそ伝えれる感動も多いと思う。

極端に言うと、洗い場のおばちゃんがメニューを軽く説明できたり、お勧めしたいもの伝えれたり、お客様の名前を覚えてたら、heart01


すげーーーーーー

ってなると思います。


お客様の名前を呼ぶだけでも違うし、

お客様に名前覚えてもらってるアルバイトのかたが、DM送ったら heart01


おおおおおおおーーーーってなる。きっと飲食店だから。


僕がやっても当たり前のことも、同じことで感動を与えれる力がみんなにはある。

僕はスタッフみんなにいっぱい助けられおりますが、

今年はもっと僕ではなくスタッフ一人一人が輝ける場を作っていきたいと思います。
失敗の、責任はすべて僕が引き受けれますから。
ぐいぐい行こう。全員が毎日ひとつの目標のために


そして、みんなで今よりもっと一人一人の
『お客様満足、それ以上の感動』の喜びを感じれる様に heart01


今年もいっぱい、いっぱい、宜しくおねがいします。rock


何でこんなに長くなるんだろ。
coldsweats02

燻製・創作和食 おずsmoked 和 taste のサービス一覧

燻製・創作和食 おずsmoked 和 taste